美容脱毛の眉事情は?

お手入れしている女性の眉毛

眉のお手入れ、皆さんはどうしていますか? たいていの方はカミソリで剃るか、毛抜きで抜くかして形を整えていると思うのですが、眉毛ってすぐに生えてきて、わずらわしいですよね。

 

まぶたの薄い皮膚にしょっちゅうカミソリをあてるのはダメージが心配ですし、毛抜きも生えかけた毛が埋没毛になって目立ってしまうことがあります。脱毛してしまえたらずいぶん楽になると思うのですが、美容脱毛の眉事情はどうなっているでしょうか。

 

まず、眉を脱毛するならば、方式は医療レーザー脱毛になります。脱毛サロンで一般に採用されている光脱毛は、照射範囲が2〜3cm四方と広いため、眉を整えるような繊細な作業にはちょっと不向きなのです。誤って眉が欠けた、くらいであればまた生やせば済むことですが、目に当たってしまうと網膜が火傷して後遺症が残ることもあり、とても危険です。

 

サロンで眉のメニューがある場合は、額脱毛の一部という扱いで眉の上部のみを処理していることがほとんどで、まぶた側の処理は基本的に行っていません。

 

一方、医療機関では、医療レーザー脱毛の照射範囲の小ささを生かして眉脱毛を行っています。処理部位の制約もほとんどないため、眉の下部や眉間など、眉の周辺を整えるのは医療機関に相談するのがよいでしょう。

 

医療機関で脱毛を受けるデメリットは、痛みが強いことと、肌への負担が大きくなることでしょうか。冒頭でふれたように、特にまぶたは非常に皮膚が薄く、しかも細かな神経が集まっているという、デリケートな部位です。レーザーの熱を受けたときの痛みはどうしても強くなりますし、高熱による肌トラブルのリスクも、他の部位よりも高くなると考えるべきです。

 

施術後の注意点をクリニックに確認し、アフターケアを丁寧に行うとトラブルはかなり回避できますが、リスクが伴うことは常に認識しておいた方がよいと思います。

 

レーザーによる失明のリスクについて言われることがありますが、施術のときには分厚いガーゼやゴーグルなどで目を保護するため、それほど神経質になる必要はありません。

 

どうしても気になるならば、費用や時間はかかりますが、針脱毛という選択もあります。