毛穴トラブルの対処方法に、産毛の脱毛。

毛穴の黒ずみ、開き……。毛穴トラブルは気になりますよね。背中や足の毛穴に悩んでいる方も多いと思いますが、何といっても一番は顔の毛穴だと思います。人目にふれる部分でもありますし、それに毛穴トラブルは顔が最も多いんですよね。

 

毛穴トラブルの対処方法は、保湿や洗顔、ピーリングなどさまざまありますが、産毛の脱毛も有効な方法の一つです。

 

毛穴は本来、皮脂を分泌するときは開き、分泌が止まると閉じるという機能を持っています。ですが、皮膚が乾燥して水分と脂分のバランスが崩れると、皮脂が常に分泌されるようになります。つまり毛穴が常時開いた状態になるのですね。分泌が多すぎるために、皮脂は毛穴の出口にたまってかたまり、さらに毛穴を押し広げることになります。 同時に、皮脂が空気にふれて酸化すると、毛穴の黒ずみになります。

 

これが毛穴トラブルの起こるメカニズムですが、産毛があるとこうしたことがより起こりやすくなります。皮脂が分泌されたときに毛に皮脂がまとわりついて、出口にたまりやすくなるためです。脱毛すると皮脂は毛穴から流れ出やすくなりますし、たまっていた皮脂が洗顔で落ちやすくなるというメリットもあります。

 

顔の毛穴のようなポツポツ

 

また、産毛脱毛には、すでに開いてしまった毛穴を引き締める効果もあります。毛穴は当然ですが、産毛が通る分の太さを持っていますよね。それが、脱毛することで毛の太さ分、細く縮むのです。そのとき、毛穴の周囲の皮膚を引き締めるため、結果的に毛穴の開きが小さくなるという仕組みです。

 

以上のことに加えて、皮膚 のターンオーバーが活性化するのも、脱毛が毛穴トラブルに有効な理由の一つといわれます。レーザー脱毛や光脱毛は毛穴に熱を加える脱毛方法ですよね。毛穴が繰り返し熱せられることで真皮が熱で刺激され、皮膚の代謝があがりやすくなります。毛穴が目立ってしまうのは、古い角質がきれいに取れずに毛穴の周りにたまり、すり鉢状に盛り上がるのも大きな原因ですから、施術を受けるうちに毛穴が目立ちづらくなります。

 

いかがでしょうか。ただ、脱毛は毛穴ケアの一要素に過ぎません。一緒に、洗顔や保湿などの角質ケアをすることも大切です。ビタミンなどの栄養補給も欠かせませんね。